相手の呼び方で深層心理がわかる?!名前、あだ名…あなたはどう呼ぶ?

自分のことの呼び方でもそうなのですが、相手をどう呼ぶかによっても深層心理は変わってきます。相手の呼び方によって深層心理がどのような状態であるのか、また良い対処方法をそれぞれ紹介していきたいと思います。

相手の呼び方でわかる深層心理

ちょっと呼び止めたいときに、相手をなんて呼びますか?もしくはなんて呼ばれているでしょうか?相手の呼び方でわかる深層心理を見ていきましょう。

名字・名前に”さん”を付けて呼ぶ

相手のことを名字・名前にさんを付けて呼ぶ場合は、大体においてあまり親しくなれていない場合が多いと考えられます。言葉を交わす程度の知人ではあるが、まだプライベートで会ったりするような友人ではないこと示しております。深層心理で相手に対して少し遠慮している、緊張している気持ちがこの呼び方に表れているのです。

しかし、仕事上取引先の相手だったり、その立場からあなたのことをさん付けで呼ばざるを得ない場合もあります。 内心では別の呼び方をしたいけど、仕事の関係だし馴れ馴れしい、無礼だと思われてしまうかも…などと相手側も思っているかもしれません。 さん付けは現時点では距離がある証拠ですが、ここから仲良くなっていく可能性も秘めていると考えてよいでしょう。

また、恋人同士や夫婦間での場合は、「親しき仲にも礼儀あり」の精神で、あいてを尊重する意味をこめて「さん」付けで呼ぶこともあります。

名字・名前に”ちゃん”や”君”を付けて呼ぶ

相手のことをこのように呼ぶ場合は、かなり親しい間柄になってきている場合が多いです。 相手ともっと仲良くなりたい、親密度をあげたいという深層心理が働いているせいもあります。「ちゃん」という可愛らしい言葉の響きが、仲の良さを感じされているのかもしれませんね。 ある業界で一時期名字にちゃん付けして呼ぶことが流行りましたが、大抵は名前にちゃんや君を付けて呼ぶことが多いですね。

名前を”呼び捨て”で呼ぶ

相手の名前を呼び捨てで呼ぶ場合は、恋人同士の場合、潜在的に相手に対しての独占欲が高まっているということが言えるでしょう。同性同士の場合に於いても、「呼び捨てし合う程、特別な存在」を相手も含め皆にアピールしたいという願望も隠されております。

“あだ名”で呼ぶ

あなたがあだ名で呼ばれているのであれば、残念ながらそれは脈なしのサインかもしれません。距離も近いし良いのでは?と思った方もいるかもしれませんが、あなたが呼ばれているあだ名が「みんなに呼ばれているあだ名」であれば、残念ながら相手はあなたのことを「仲の良い友達」と思っている可能性が高いです。 相手との関係性が、同じ職場の同僚だったり、同じサークルだったり、ご近所さんだったり、近いものであればなおさらです。

仲の良い友達から恋人になるのには、なかなかハードルが高いですが、一歩を踏み出さない限りは永遠に仲の良い友達のままかもしれません。 そこから先の関係性をどう動かすかはあなたの決断と頑張り次第!

特別な呼び名をつけて呼ぶ

他の誰も使っていない特別な呼び方をつけて呼ばれる場合、相手の本気度はかなり高いかもしれません。 特別な呼び名で呼ぶ相手を特別扱いしたい、 かつ、自分も特別扱いされたいといった独占欲や、承認欲求があるといえるでしょう。 自分だけの特別な呼び名を作ることで、「あなたは自分にとって特別な存在だよ」ということを示すと共に、「自分も特別な存在であってほしい」といった願望も含まれていると言えます。

ハートのメガホンで呼ぶ

また、自分だけの特別な呼び方であなたを呼ぶことで、他の人に「自分は特別な関係性なんだ」ということを見せつけたいという気持ちも含まれています。 この行動を取りやすいのは、自分に自信のある人に多いです。

呼び方を変える時の心理

呼び方を変えるのは関係性を変えたいと思っている証拠。 今までさん付けだったのに、「下の名前で呼んでもいい?」「普段なんて呼ばれてるの?」と言われたのであれば、相手はあなたと距離を縮めようとしているサインです。そして、特別な呼び方を考えてくれるようでしたら、相手の方はあなたに本気なのかもしれません。

さらに、「自分のことも下の名前で呼んでほしい」などと言われるようであれば、距離感がぐっと縮まるきっかけです。 呼び方を変えることで、あなたから見る自分の存在、立ち位置を変えたいという思いはもちろん、他人に知らしめたいという心理があるでしょう。

<関連する記事>
呼び方が変わる時の男性女性心理は?距離を近づけたい場合の名前の呼び方は?

名前を呼ぶことの心理学的効果

私たちは感覚的に人の呼び名を色々変えていますが、これらは心理学的にも研究されて実際に様々な効果があることが分かっています。

「カクテルパーティ効果」は有名な心理学用語です。パーティ会場など騒々しいところでも、自分の名前はよく聞こえる、という人間心理の特徴をあらわす言葉です。そして自分の名前を呼んでくれる人には、特別強く反応し、好意・関心を持つことが分かっています。「おい」とか「お前」とか呼ばれるよりは、自分の名前、とりわけ「下の名前」で呼んでもらえると、人は好感を持つ、ということは感覚的にも分かりますね。これは、メールに対しても同じことが言えます。普通味気のないビジネスメールにも、自分の名前が入っているだけで何故か温かみのあるメールに感じたり、LINEなどでも自分の名前が入ってるだけで少し嬉しかったりするものです。

ですから、仲良くなりたい人には、名前とりわけ下の名前やあだ名を、より頻繁に呼んでください。親しく呼びかけられるだけで、人は好感を持ちます。

名前で呼ばないカップルは別れる率大

カリフォルニア大学のチャールズ・キング博士の報告によると、55組のカップルを調査して、お互いを名前で呼び合わないカップルの86%が5カ月以内に別れたそうです。

名前で呼ぶことは愛情の表れであるため、逆に名前で呼ばなくなったら愛情が薄れている証拠とも言えます。付き合った当初や付き合う前と比べて、パートナーや友人はあなたのことをどう呼んでいるか、あなたはパートナーや友人のことをどう呼んでいるか、振り返ってみると良いかも知れません。

モテる人は下の名前で呼ぶことが多い

モテる人と言っても様々な特徴がありますが、多くの人に共通することに「異性を下の名前で呼ぶ」ことが挙げられます。

これには大きく分けて2つのパターンがあり、
1.どんな人とも仲良くなりたいから、性別を問わずできるだけ下の名前で呼ぶ人
2.異性からモテたいから、気になる人だけ下の名前で呼ぶ人

1.の人は社交的で、無意識のうちに良い印象を持たれるような人でしょう。男女問わず人といるのが好きで、いつも良好な人間関係を築いていきたいと思っている人です。同性の友達も多く、クラスの中心にいるようなタイプの人も多いです。人にあだ名やニックネームをつけるのが好きだったりもして、その人が付けたニックネームはすぐに周りの人にも浸透するでしょう。

2.の人は、戦略家です。ただ単にモテたいからそうしているだけで、どうでもいい人に対しては下の名前で呼ぼうとはしません。周りにそれを感づかれるとあまり良い印象は持たれません。

まとめ

相手の呼び方で自身の深層心理を鑑定することができ、”あなたが実際のところ相手をどう思っているのか”を知ることができます。例えば、「もっとこの人と親しい関係になりたい」というときにさん付けの呼び方からちゃん付け君付けに変更してみるのもいいかもしれませんね。相手からの自分への印象もかわってくるでしょう。

<関連する記事>
男性心理からわかる!男性が本命の女性にだけ見せる8つの態度・行動
自分の呼び方で深層心理がわかる?!あなたはどんな呼び方

 

■Destiny
恋愛や人間関係、将来の不安…本格的に誰かに相談したり、本格的に占ってほしいかたはこちらがおすすめです。電話だけでなく、チャットやメールでも、あなたのお好きな環境でお話ができます。
占いDestiny
有名占い師、人気占い師が総勢70名!
電話・チャット・メールでお好きな環境から今すぐ占い鑑定を


毎日の配信情報を見逃さないためにはFacebook・Twitterをフォロー!

▼Facebookはこちら▼
https://www.facebook.com/daispiritual/

▼Twitterはこちら▼
https://twitter.com/dai_spiritual

関連記事

  1. 寂しい女性

    【心理テスト】寂しい夜の過ごし方でわかる一人上手度

  2. 【心理テスト】ストレス解消法でわかる、あなたに合った感性を高める方法

  3. 【心理テスト】答えてわかる、あなたの恋愛会話力!

  4. 【心理テスト】行きたいデートスポットでわかる?!恋人の〇〇なところ

  5. 【男性心理】男性が好きな人と二人きりの時にだけ見せる態度7つ!

  6. 新郎新婦

    【心理テスト】理想の結婚式から、あなたにとっての結婚の意義を診断

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。