塩風呂のやり方と効果まとめ!浄化作用だけでなく美肌・デトックス作用も

天然岩塩

「なんでこんなに不運が続くんだろう…」「早く脱出したい…」と原因不明の不運が続いて、人生の低迷期に入ってしまうときって誰しもあるかと思います。それは、ただただ不運が続いているのではなく、知らず知らずのうちに様々な邪気に憑かれているのかもしれません。

そしてその邪気そのものは、最初は小さいものであっても、積もってくれば中々払いにくくなるものもあります。そうなる前に対策して邪気を払っていきましょう。今回は数にある邪気払いの中でも身近にあって信頼がある塩を使った邪気払い、その中でも塩風呂で浄化する方法を紹介します。

1.邪気払いに信頼されている『塩』

邪気払いや開運と聞いて、パワーストーンやお守り、神社、お札など、あまりスピリチュアルに詳しくない方でも様々な方法を思いつくかと思います。その中でも身近にできて、信頼があると言われているのが、塩を用いた邪気払いです。しかしなぜ塩が信頼されているのかを説明します。

禊(みそぎ)は昔海で行われていた

なぜ塩で邪気が清められるのかというと、昔は海で、つまり海水によって禊を清めていたことから言われています。塩は、万物を祓い清める浄化力があると考えられていました。神道に関係した行事等では祭壇に塩を供える光景を目にすることがあります。葬儀の後には、自宅に入る前に身を清める為の塩が用意されているものですよね。

海岸

また、日本の国技である相撲においても塩は使われています。お相撲さんが取組み前に土俵に向かって何かを投げるかと言うと、塩ですよね。あれは土俵を清める為に投げています。他にもいろいろな所で塩は使われています。お店等で店舗の入り口に盛りつけてある塩は、客を集める為の縁起担ぎであると同時に、厄除け魔除け・悪霊払いの意味もあります。

普段あまり気にしてはいないかもしれませんが、意外と身近なところで塩を邪気払いに使っているのです。

2.塩風呂の効果・効能

塩を用いた邪気払いの中でも塩風呂は、様々な効果があると言われています。浄化作用以外にも美容効果やダイエット効果などもあり、女性には本当におすすめの浄化方法となっています。

入浴タイム

 

浄化作用

塩の浄化作用によって、体に溜まったネガティブなエネルギーを追い払い本来の自分を取り戻すことができます。入浴する時は、一日の疲れやネガティブな感情が湯の中へと溶け出ていくようなイメージを描きながら入るとより効果を得ることができます。

美肌作用

お肌のトラブルは女性にとって一大事ですよね?そのようなトラブルも塩風呂で回避できるかもしれません。塩風呂に浸かる事によって毛穴が開き、古い角質が自然と落ちていきます。これによって新陳代謝が促され、美肌作用が期待できます。

デトックス

デトックスは毒素や老廃物を排出して体内を綺麗にする美容法です。お風呂に入れた粗塩が毛穴から浸透し、汗と一緒に水銀や鉛、農薬の成分カドミウムやヒ素などの有害物質を体外に排出してくれるのです。岩盤浴並みの発汗作用があるとされていて、塩風呂に入るだけで自宅にいながら効果的に新陳代謝を促すことができます。

ダイエット

塩に含まれるマグネシウムは体に必要なミネラル成分のひとつ。皮膚からも吸収され、また汗をかく事で代謝がよくなります。塩風呂を続ける事で、基礎代謝量が増え、痩せやすい体作りに近づきます。塩風呂に入ってリンパマッサージをおこなうと、さらに発汗を促します。

殺菌

塩に含まれる豊富なミネラルに殺菌作用と抗菌作用があり、肌を清潔に保ってくれます。さらに塩の持つ保湿力や浸透力により、入浴後の乾燥を防いでくれます。肌は本来、皮脂によってコーティングされ守られていますが、塩による浸透圧で必要なものを体の内側から引き出してくれるのです。

肩こり、腰痛対策

塩風呂は発汗作用や保温・保湿効果、血行促進等の効果が期待されています。これらの作用は肩こりや腰痛、疲労などに有効だとされていて、全身の血流をよくすることで、体をほぐしてくれます。また塩風呂は浮力が増すので、筋肉や関節の負担を軽減するとともに緊張がほぐれ、心身ともにリラックスする事ができます。

発汗作用

汗をかきづらい冬でも、塩風呂に入れば体の芯から温まる事ができ、上記のようなデトックスやダイエット効果が期待できます。この発汗作用は冷え性の人や、寒さ対策にとても有効ですし、塩分が体をコーティングしてくれるので、保温・保湿効果が見込めます。

発汗作用を高める事で、血行がよくなり、サラサラの汗をかける体質になっていきます。それが血液量と体液量の増加につながり、体力や免疫力をアップさせる働きに生まれ変わります。体調が整った状態をキープする事ができるので、ストレスや病気への抵抗力が養われるでしょう。

3.塩風呂のやり方|ポイント

岩塩

①塩の種類

塩風呂には、精製されていない「粗塩」や「岩塩」のような天然のものを使用してください。精製されていないものであれば他に値段などの制限はありませんが、食塩等・精製されている塩で作られたバスソルトはNGです。

②塩の使用量

塩は30〜50gほど入れて、様子を見て足してください。目安としては、大さじ2杯~4杯くらいです。慣れたら、徐々に塩の量を増やしていっても構いません。

③塩風呂の入浴時間・方法

入浴時間は10〜20分がよいでしょう。おすすめの入り方は、まず10分浸かり、一度シャワーで汗を流し、さらにもう10分浸かるという方法です。汗に含まれる有害物質をしっかり出すことができます。半身浴にして長時間入る方法もよいですが、その際は水分補給も忘れず。

④塩風呂の頻度

塩風呂は毎日入っても問題はありませんが、回数は多くても一日一回。入り過ぎてしまうと肌の負担になって逆効果になってしまうので、基本週2〜3日がよいでしょう。

4.塩風呂の効果を高めるポイント3つ

バスタブ

ぬるま湯でリラックス

38〜40度の少しぬるめのお湯に浸かり、体の中からジワジワ温まる事で、皮脂腺が活性化します。また、ぬるま湯には副交感神経を優位にして、全身をリラックスさせる効果があります。
このぬるま湯(38〜40度のお湯)に浸かる事を微温浴といい、筋肉が弛緩して疲れをとることができます。

 

ぬるま湯なら効果が高いのは夜

一日の活動によって体内に乳酸が溜まります。乳酸は臭いの元となるアンモニアと結びつきやすく、分泌されるとアンモニア臭が発生します。夜ぬるめのお湯でゆっくり塩風呂に入浴する事でリラックス効果が生まれ、血行をよくすることで睡眠中に乳酸が減少し、日中の体臭を予防できます。

 

入浴前後に常温水で水分補給

入浴前後におろそかにしてしまいがちなのが水分補給です。入浴前に水分補給をすると体内からの老廃物が出やすくなるそうです。老廃物が血中に溜まると血行が悪くなり、疲れが取れず、せっかくの効果が最大限に発揮されません。水分補給をしないまま汗をかくことになるので脱水症状を起こす危険性が高くなり、非常に危険です。また、水は体の温度を下げるので、できるだけ常温の水をおすすめします。

5.塩風呂の注意点

浄化作用×デトックス効果を兼ね備えた塩風呂ですが、いくつか注意点があります。

肌の弱い人はパッチテストをすること

塩風呂は人によっては強い刺激を感じることがあります。ですので、敏感肌や乾燥肌の方はパッチテストを行ってから入浴する事をおすすめします。皮膚疾患がある人は、医師に相談してみましょう。

傷がある人は塩風呂は控えること

怪我をして体に傷がある時は、しみて痛いので、塩風呂入浴は控えましょう。皮膚疾患の方も症状によって効果が変わってしまいますので、心配な方は医師に相談されるとよいでしょう。

塩風呂で追い焚きはしないこと

塩風呂の後のお湯は、風呂釜の故障につながりますので、追い炊きしないようにしてください。また、塩分が残っているとサビにつながりやすくなるので、浸かったらなるべく早く栓を抜いて、洗い流し浴槽を綺麗にしましょう。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。塩風呂には浄化作用以外にもたくさんの効果があります。浄化作用も信頼をおける塩風呂ですが、デトックスやダイエット、疲労や肩こり腰痛にも効く、万能な美容健康法といえます。

塩風呂を続けて、心身ともに美しく健康的になりましょう。身近で手軽にできるのでぜひ試してみてください。

<関連する記事>

自分で出来る!簡単浄化方法

塩を持ち歩くだけで運気アップ?!どんな塩がいいの?

 

毎日の配信情報を見逃さないためにはFacebook・Twitterをフォロー!

▼Facebookはこちら▼
https://www.facebook.com/daispiritual/

▼Twitterはこちら▼
https://twitter.com/dai_spiritual

関連記事

  1. 塩を持ち歩く効果と塩の交換ペース・処分方法まとめ

  2. レイキヒーリング_手

    レイキヒーリングとは?意味や効果、やり方を徹底紹介

  3. 不気味な道

    悪いエネルギーから守る結界の張り方4つの方法!

  4. 芸術の秋には癒しのクラシックで心を浄化しよう♪

  5. 滝行にもスピリチュアルな効果が?滝行に期待できる5つの効果

  6. 波紋

    すぐにできる!魂の浄化方法7選

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。